サーマクールとは

サーマクールとは、2002年にアメリカのThermage社に在籍する形成外科医Dr. Edward Knowltonにより発明された、新しいアンチエイジング医療機器のことです。

しわ・たるみの改善(リフトアップ) 、小顔効果などなど、サーもクールの出現によって、女性にとっては非常にうれしい美容効果が、これまでの方法よりもずっと低リスクで実現できるようになりました。

たとえばリフトアップを行うためには、外科手術が必要となりますので、皮膚の一部を切開する必要があり、少なからず傷跡が残ります。

サーマクールは、メスを使わないしわ・たるみ取り治療として注目されていて、創傷治癒反応を利用し、コラーゲンをどんどん増やして肌の老化を「逆戻り」させます。

正式には、「サーメージ治療」というのですが、サーメージ治療で使用する機械の名称であるサーマクールのほうが一般的な名称として使われています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。