サーマクールの持続性2

サーマクールは、即効性というよりも持続性のある効果があるアンチエイジング療法として注目を浴びています。

まず第一段階のコラーゲンの変性によっておきる肌の引き締まり感は数週間でなくなってしまいます。

しかし、サーマクールの持続性というのは第2段階が本番です。

変性しコラーゲンというのは収縮した状態となっているため、肌が引き締まった感じがするのですが、

人間の体は変性したコラーゲンを元に戻そうとする力が働きます。
つまりコラーゲンの生成が始まるのですが、この生成量が通常の生成量よりもかなり大量に分泌されます。

この過程に入ると、先ほども触れたように肌が引き締まった感じはなくなってくるのですが、その代わり、肌の下では劇的な変化が起きているわけです。

肌が人間の自然な自治作用によって、本来の健康な状態に戻ろうとするわけです。

サーマクールは人間の本来持った力を引き出して、コラーゲンの分泌を促すのです。

そのため、しっかりとした効果が出るまでには1ヶ月〜4ヶ月程度がかかります。

即効性はないものの、肌に対して薬品を投与するわけでもありませんし、外科手術をするわけでもありません。

より安全に、そして自然に肌を若返らせることができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。