サーマクールの歴史

サーマクールは、2002年にアメリカで誕生した新しいアンチエイジング療法です。

サーマクールは2003年4月に行われた全米のレーザー学会にて高い評価を得ることに成功し、全世界50ヶ国以上ですでに190,000以上もの症例実績を持っています。

米国の形成外科医Dr. Edward Knowltonが、米国Thermage社で開発・研究を行い、約10年の年月を経て完成しました。

日本に導入されたのは、2003年ころ。

そのころは、「痛みがある」治療法とも言われていましたが、技術の進歩と共に、現在は痛みを軽減した上にさらに効果的にサーマクールができるようになっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。