コラーゲン増成のメカニズム

サーマクールでコラーゲンが増成するメカニズムを、医療用語を交えて詳しく説明をしていきます。

と言っても、それほど難しいものではなく、割と理解しやすいと思いますので、ご安心を。

イメージとしては、筋肉痛のメカニズムに似ています。
激しい運動をすることで筋肉維が一度壊れ、再構築をする過程とよく似ています。


まず、サーマクールによって変性したコラーゲンを修復しようと、人間の創傷治癒のプロセスで、まず線維芽細胞が呼び寄せられコラーゲンが増成していきます。

線維芽細胞はコラーゲンを造成したり逆に分解する細胞。
線維芽細胞が活発に働けば働くほど、コラーゲンが造成されていき、しわやたるみの原因は線維芽細胞の機能が衰えることにあるようです。

次に、線維芽細胞によって増成したコラーゲンに支えられて毛細血管が発達していきます。
(腫れのひとつの原因です)

発達した毛細血管から、新鮮な血液が線維芽細胞に栄養や酸素を供給することで、また更にコラーゲンの増成を促します。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。