サーマクールの効果の出方1

サーマクールは人間が本来持っている力を引き出して、コラーゲンを増成することで、肌を若返らせます。

肌の表面を傷つけることなく深層部分に働きかけ、たるんだ皮膚をひきしめる美容治療法として注目を浴びています。

その過程を詳しく見て行きましょう。

まず、サーマクールチップを使って皮膚の下2.5mm程の深部に100ジュール〜140ジュールくらいの熱を加え、60℃前後の熱を発生させます。

サーマクールチップとは、RFという通常の光はるかに強い光を照射する高周波治療機器のことです。


サーマクールチップを使って発生した熱によって、コラーゲンが変性するのですが、この段階で肌が突っ張った感じが始まり、肌が引き締まっていくのを実感できます。

これがサーマクールの最初の段階です。
というのも、この段階は時間が経つと元に戻ってしまう一時的な効果であり、本当のサーマクールの効果というのは、この次から始まります。

サーマクールの効果の出方2

サーマクールの効果の第一段階として、肌が引き締まる効果がありました。

しかし、この効果は一時的なもので数週間程度で肌が引き締まった感じがなくなっていきます。

サーマクールの効果というのは実はこれからが本領発揮で、肌の下で劇的な変化が起きている前触れなのです。

まず肌が引き締まった感じがするのは、肌の下のコラーゲンが熱によって変性した影響。変性したコラーゲンというのは、収縮した状態となるため、引き締まった感じがするのです。

引き締まった感じがなくなっていくのは、熱により変性したコラーゲンが修復される過程に移ったから。

収縮したコラーゲンが、時間をかけてどんどん大量に増成しているのです。

そのため、効果が見え始めるのに時間がかかります。個人差があるのですが、1ヶ月〜4ヶ月が大体の目安となります。


サーマクールでは、効果が出るまで時間がかかる代わりに、効果が持続するため、何度も通院をする必要がありません。


サーマクールの効果が出にくい人

サーマクールは、抵抗力の弱い子供には安全とは言い切れませんが、
成人に対しては、多くの方に安全で効果的なアンチエイジング療法です。

といっても、中にはサーマクールの効果が出にくい方もいますので、どんな人にはサーマクールの効果が出にくいかを見て行きましょう。

サーマクールの効果が出るには、次の2点が重要となります。

1点目は、サーマクールの適用年齢の上限は50代くらいになるのですが、その理由が、肌にコラーゲンに再活性化を促すだけの力が残っているかどうかです。

サーマクールはコラーゲンを再活性化させることで美容効果を発揮しますから、肌にこの力がないと、サーマクールを使っても、あまり効果は現れないでしょう。

2点目は、サーマクールで治療できる程度のしわ・たるみであるかどうか。しわやたるみが大きければ、サーマクールで全て直してしまおうというのは、なかなか難しくなります。


上記の2点は、事前に医師としっかり確認をしておいてくださいね。

もしサーマクールがあまり効果的ではないとわかったときには、他の方法ももちろんありますから!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。