サーマクールの副作用

サーマクールは、人間が本来持っている創傷治癒反応を利用した方法なので、副作用というのはあまり考えられません。

ただまったくないというわけではないので、どういった副作用があるのかを見て行きます。

サーマクールの副作用といえば、腫れ・赤みが出る程度です。
腫れるといっても、顔のイメージが変わってしまうほど腫れるわけではありませんし、数日もあればもとにもどります。

人によっては、ほとんど腫れずに赤くなって終わる方もいるようです。

皮膚が変色したり、しみやそばかすができてしまうということは、まずありえません。

私がひとつ聞いたのは、こめかみの部分が少しだけ陥没してしまったという例。

これは医師の技量不足が原因で、本来ならば起こるはずのないことです。

サーマクールは他のアンチエイジング療法と比較しても、安全にしわ・たるみを改善できる方法です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。